JapanTaxi

Recruit

Work With Us.

私たちと一緒に働きませんか

Work With Us.

私たちと一緒に働きませんか

Mission JapanTaxiが実現したいこと

移動で人を幸せに。

私たちの掲げるミッションです。
移動とは、目的と目的をつなぐ、楽しみにもなれば、苦痛にもなる合間です。その合間のあり方を考えるのが私たちの仕事です。

世の中にはさまざまな移動の手段があります。が、公共交通機関の多くは、移動が主であり、移動する人が従。つまり、移動を提供する側が時刻表を決め、人がそれに従う。番組表に従ってテレビを見るのと一緒です。

日本でのタクシーの歴史は100年を越えます。その間、タクシーは、ほぼ唯一、移動する側が主となって、自分のペースでの移動を叶えてきた主体的(オンデマンド)公共交通機関です。シェアリングエコノミー、サブスクリプションによるオンデマンドサービスなどいま人々が求めるのは、自分が欲しい時に欲しいものを欲しい形で得られるサービスです。

私たちの仕事は、いま、100年以上の歴史を持つオンデマンド移動サービスであるタクシーを、テクノロジーの力でさらに研ぎ澄まし、移動で人を幸せにすること。その幸せを考えることです。

移動の進化は、
快適を、安全を、可能性を、効率を、自由を、
創造する。

Vision ミッションを実現するためのありたい姿

幸せへの道筋。3つのなすべきこと。
私たちは、ディスラプター(破壊者)ではありません。タクシーというすでに日本に根を張った公共交通機関を進化させることで、
着実に移動の進化を成し遂げます。そのために3つのビジョンを掲げます。

【Vision1】日本のタクシーを、あらゆる移動手段より優れた、究極の移動手段へ進化させる。【Vision2】タクシーが走れば走るほど、日本が便利にスムースかつ安全に変わっていく。【Vision3】オンデマンド・モビリティのすべてを満たす移動プラットフォームで世界を変える。

タクシーの進化は、タクシーそのものはもちろん、その外へとますます広がっていきます。
タクシーを軸にしながら、移動そのものを変えるのが私たちのビジョンです。

【Vision1】日本のタクシーを、あらゆる移動手段より優れた、究極の移動手段へ進化させる。【Vision2】タクシーが走れば走るほど、日本が便利にスムースかつ安全に変わっていく。【Vision3】オンデマンド・モビリティのすべてを満たす移動プラットフォームで世界を変える。

Value 原動力となる行動規範

私たちは、社会を変えることをミッションとしています。
ただし、無責任に社会を混乱させることを善しとしません。その変化を確実に幸せにつなげるところまで設計する、レスポンシブル・ベンチャー(責任ある冒険者)です。

我々は、『レスポンシブル・ベンチャー(責任ある冒険者)』として、『3つのドア』を開け、
人々を未来のモビリティへとご案内します。

私たちは、ドアを開ける者でなければなりません。
そして、そのドアの開け方にまでこだわるのがJapanTaxiの価値観です。

  • First
    Mover

    口先だけで世界は変えられない。
    私たちは、先駆者として、
    技術と行動で、
    真っ先に、新しいドアを開けていく。

  • Japanese
    Hospitality

    効率だけで人の心は動かない。
    きめ細やかな気配りにより、
    期待を上回り続けることで、
    新しいドアを開けていく。

  • ‘Sanpo-yoshi’

    お客様、タクシー、業界、社会、未来。
    自分だけでなく、異なる立場、
    大きな視点から、
    常に最適を考え続けることで、
    新しいドアを開けていく。

モビリティの世界は、現在もっとも変化が激しく、さらに行く先が見えない世界です。 その変化を楽しみ、責任を持って変えていく。
行き先を決めるのは、あなたです。
Ready For The Ride?

Company Data 数字で見るJapanTaxi

エンジニアの割合47%、マーケティングの割合15%、セールスの割合11%、コーポレートの割合11%、カスタマーエクスペリエンスの割合8%、カスタマーサクセスの割合5%、デザイナーの割合3%

職種

約半数がエンジニアです。様々なバックグラウンドを持ったメンバーが集まっています。

20代の割合29%、30代の割合54%、40代の割合17%、平均年齢34歳

年齢

全員が中途入社で、平均年齢は34歳です。

2015年21名(2015年8月にJapanTaxiへ商号変更)、2016年40名、2017年54名、2018年90名、2019年165名

社員数

全社員の97%が、2015年のJapanTaxiへの商号変更後に入社しています。

【社員のタクシー乗車回数割合】ほぼ毎日2%、週5回くらい3%、週4回くらい3%、週3回くらい12%、週2回くらい35%、週1回くらい44%、ほとんど乗らない4%(96%が週に1回以上タクシーに乗っています)

一ヶ月あたりのタクシー乗車回数

月に1万円まで会社がタクシー料金を負担する制度(トライアルタクシー制度)があるのもJapanTaxiならではです。

(2019年9月時点)

Benefit 福利厚生

アイコン:新入り休暇

新入り休暇

入社時に3日間の特別休暇(有給)が付与されます。半日単位での取得が可能で、入社日から1年の間に利用することができます。

アイコン:トライアルタクシー制度

トライアルタクシー制度

月に上限1万円分まで、会社負担でタクシーに乗れる制度です。社員自らタクシーを利用することで、より良いプロダクト開発に役立てる取り組み。

アイコン:部活動制度

部活動制度

部署を超えて、共通の趣味・関心ごとで関われるコミュニティ活動を支援します。活動した部活には、月5千円の部費が支給されます。

アイコン:ありぽん

ありぽん

定量的には測れない成果・見えづらい成果も可視化して、ありがとう!いいね!の気持ちを伝え合うピアボーナス制度。「Unipos」を導入しています。

アイコン:テックカンファレンス 参加費用負担

テックカンファレンス
参加費用負担

テックカンファレンスやコミュニティにスポンサーとして積極的に参加しています。

アイコン:書籍購入費補助

書籍購入費補助

業務上必要な書籍を経費で購入することができます。

アイコン:ウェルカムランチ

ウェルカムランチ

入社日から1週間、新入社員を誘ってランチに行くと会社が費用負担します。部署を超えたコミュニケーションが生まれています。

Where we work 働く環境

For Engineer 開発者向け情報

JapanTaxiの開発スタイル

アイコン:信頼と最高の体験を生み出すチーム

信頼と最高の体験を
生み出すチーム

交通を通して社会課題を解決するには、全てのユーザーからの信頼を得ることが大事です。そのために努力を惜しまず、細部までこだわった最高のサービス体験をチームで生み出します。

アイコン:課題解決と気配りを兼ねそろえた技術の活用

課題解決と気配りを
兼ねそろえた技術の活用

わたしたちは、課題解決のために時には大胆な方針を示し、新たな技術を導入します。エンジニアとしてユーザーの課題を解決し、高い水準のサービスをつくることを考え続けます。

アイコン:一人一人がリーダーシップを持つ

一人一人が
リーダーシップを持つ

移動の世界を進化させていくことは、大きなチャレンジです。一人一人がリーダーシップを持ち、プロダクトに責任を持って自ら考えて行動します。経験と技術を最大限に活かして存在価値を発揮します。

開発環境

使用技術

モバイルアプリ
Swift
Kotlin
RIBs
AWS IoT
フロントエンド
react
TypeScript
エッジ開発
Rust
サーバ
gRPC
GraphQL
Ruby
Go
Scala
Ruby on Rails
Play Framework
インフラ
Kubernetes
Istio
ECS
EKS
New Relic
Datadog

テスト環境

Appium®

使用ツール

ソフトウェア
GitHub
Travis
Bitrise
Backlog
asana
JIRA
esa
ハードウェア
3D Printer
Oscillo scope
Drilling machine
Tempreture chamber

開発体制

Scrum
Kanban

技術活用

技術スタックの中でJapanTaxiならではの活用例を採用ブログ記事から紹介します

Interview 社員インタビュー

行灯Labo

以下より募集職種・詳細をご確認の上ご応募ください。