2018.12.03

2020年に向けてインバウンド対応強化 韓国最大のモビリティプラットフォーム『カカオT』が日本最大のタクシー配車アプリ『JapanTaxi』と連携スタート

2020年に向けてインバウンド対応強化 韓国最大のモビリティプラットフォーム『カカオT』が日本最大のタクシー配車アプリ『JapanTaxi』と連携スタート

日本最大のタクシーが呼べるアプリ『JapanTaxi』を展開するJapanTaxi株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川鍋 一朗)は、カカオモビリティ株式会社(本社:韓国京幾都城南市盆唐区、代表取締役社長:チョン・ジュファン、以下カカオモビリティ)が展開する韓国最大のモビリティプラットフォーム『カカオT』との連携を2018年12月6日(木)より開始します。この連携により、『カカオT』ユーザーが訪日時、同アプリを使用することで、『JapanTaxi』アプリに加盟するタクシーを呼ぶことができるようになります。訪日外客数2位の韓国において、2,000万人以上がダウンロードという国民的アプリである『カカオT』との連携により、2020年に向けてのインバウンド対応強化を図ります。

まずはインバウンド対応スタート、アウトバウンド対応は2019年夏を予定

カカオモビリティは、韓国最大のモビリティプラットフォーム『カカオT』を運営し、韓国のモビリティ市場をリードしています。『カカオT』内のタクシー配車サービス『カカオTタクシー』のユーザーは2,000万人を超えており、国民的タクシーアプリといえる存在です。今回の連携スタートにより、まずは韓国ユーザーが日本で『カカオT』を使用してタクシーを呼ぶことが可能となります。これによりシームレスなタクシー乗車体験を韓国旅行者へ提供することができ、韓国旅行者からのタクシー注文増が見込まれます。アプリ上で目的地入力を行うため、乗車後に目的地の住所を聞くやりとりが不要となるほか、この度の連携開始で『カカオT』内に新たに翻訳機能が追加されるため、簡単な挨拶や「ここで止めてください」のようなタクシーの乗り降りに必要なコミュニケーションを、アプリがサポート。タクシー乗務員の負担も軽減します。開始を記念し、2019年2月までローミング利用料無料キャンペーンを行い、『カカオT』ユーザーの利用喚起を図ります。
今後は、日本のユーザーが韓国でも『JapanTaxi』アプリからタクシーを呼ぶことができるよう、アウトバウンド対応を2019年夏までに行う予定です。

韓国最大のモビリティプラットフォーム『カカオT』が日本最大のタクシー配車アプリ『JapanTaxi』と連携スタート

カカオTからのタクシー配車

  • 対応注文 即時配車
  • 対応決済 タクシー車内でのお支払い(現金・クレジットカードなど、タクシー会社の車内決済種別による)
  • その他 待ち合わせ番号を活用したお待ち合わせ、『カカオT』アプリ内での翻訳機能と目的地確認。

移動で人を幸せに。 JapanTaxi株式会社 会社概要

日本初のタクシー配車アプリに代表される配車プラットフォームから、決済プラットフォーム、広告事業、IoT事業、R&D事業まで、多岐に渡った事業を展開。「移動で人を幸せに。」をミッションに掲げ、公共交通であるタクシーで、今現在の移動も、未来の移動でも、喜びに感じる体験を提供し、移動からあなたを自由にしていきます。

ウェブサイト:https://japantaxi.co.jp/
採用サイト:https://recruit.japantaxi.co.jp/
採用ブログ:https://blog.japantaxi.co.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/japantaxi
Twitter:https://twitter.com/JapanTaxi

本プレスリリースに関するお問い合わせ

JapanTaxi株式会社 マーケティング部

Email
pr@japantaxi.co.jp
Tel
03-6265-6276