2019.03.24

当社に関する一部報道について

平素よりJapanTaxi株式会社のサービスをご利用頂き、誠にありがとうございます。
2019年3月24日、日本経済新聞において、ユーザーの皆様に十分に説明せずに位置情報などを利用し、個人情報保護委員会から指導を受けていたとの報道がなされております。本件に関する当社の対応について、以下の通りご報告いたします。

1.位置情報の広告利用について
2018年10月30日当社発表「『JapanTaxi』アプリ 位置情報データ取り扱いについて」の通り、第三者の広告利用を目的とした位置情報等の取得は即時停止し、データ取得のためのSDKも削除しております。

2.個人情報保護委員会からの指導について
・個人情報保護委員会より当社へ指導があったことは事実ですが、指導の内容は、当社が展開するタクシー車両搭載の広告配信用タブレットが行う、端末フロントカメラによる性別の推定機能について、カメラの存在・利用目的の通知公表が不十分である、というものです。
・本指導を受け、タクシー乗車されるお客様に対しタブレット上で機能のご説明をするための開発を進めており、4月公開予定となっております。
※なお、性別を推定するために取得する顔画像について、位置情報・お客様情報との紐付けは従前より実施しておりません。端末のバッファ上で性別を推定した直後に破棄し、端末上にもネットワーク/システム上にも一切保存をしておりません。
・お客様情報の取り扱いについて管理をより厳重にすべく、社内および業務委託先に対する管理体制の強化を実施しております。

お客様に対し、ご迷惑・ご心配をおかけいたしましたことを、心よりお詫び申し上げます。今後も、『JapanTaxi』アプリをより安心・安全にお使いいただけますよう、品質およびサービス向上に努めてまいります。

以上