2018.04.09

神奈川県のユーザーの皆さまへ|全国タクシーの迎車料金相当額キャッシュバックキャンペーンのお知らせ(5/31まで)

全国タクシー|迎車料金相当額キャッシュバックキャンペーン

JapanTaxi株式会社では、開発・運営するタクシー配車アプリ 「全国タクシー」にて、2018/4/11 13:00 ~ 5/31 23:59の期間において、神奈川県における対象のご注文の迎車料金相当額をJapanTaxiよりキャッシュバックするキャンペーンを実施いたします。
期間中は何度でも適用可能ですので、この機会にぜひネット決済をお試しください!
尚、ご利用の際は下記のキャンペーン適用条件をよくお読みください。
※全国タクシーの最新バージョン(iOS 3.15.0 / Android 3.15.0)が4/11に公開され次第の開始とさせていただきます。
※キャンペーンは、2018/4/11 13:00から2018/5/31 23:59の間で、対象のタクシー会社が全国タクシーの「今すぐ呼ぶ」で配車完了された場合、または上記期間内の予約でのご乗車への適用となります。

「全国タクシー」アプリのダウンロードは各ストアよりお願いいたします。

  • App Store
  • Google Play


キャンペーン名
       
神奈川県|迎車料金相当額キャッシュバックキャンペーン
キャンペーン内容
期間中、全国タクシーの対象のご注文における迎車料金相当額をキャッシュバックいたします。(タクシー車内で提供する領収書は、迎車料金キャッシュバック前の金額になります。予めご留意ください)
キャンペーン適用条件
全国タクシーにおいて、下記のすべてを満たしている場合に、自動的に適用いたします。
  • ①全国タクシーの今すぐ呼ぶ or 予約する のご利用時
  • ②ネット決済利用でのご注文
  • ③下記の対象会社(神奈川県内のネット決済対応、かつ、固定の迎車料金の会社)を選択時
  • ④ご注文台数が1台の時のみ
  • ⑤ユーザーご自身によるクーポンの利用がない(クーポンをご利用される場合は、2重には適用されません)
対象のご注文会社
神奈川県内のネット決済対応、かつ、固定の迎車料金の以下の会社。
  • 三和交通 横浜
  • 日本交通横浜(日本交通横浜大和及び、日本交通横浜小田原は除きます)
  • ひまわり交通
  • 飛鳥交通グループ(神奈川)
  • 横須賀三浦総合無線
  • 横浜無線タクシー
キャンペーン期間
2018/4/11(水) 13:00 ~ 5/31(木) 23:59
ご注意事項
               
  • キャンペーンにご参加いただくには、全国タクシーの最新バージョン(iOS 3.15.0 / Android 3.15.0)へのアップデートをお願い致します。
  • ご注文の台数が1台の時のみが対象となります。複数台配車は対象外ですのでご注意ください。
  • 5/31(木)23:59までの配車が対象になります。6/1(金)以降のご予約分は対象外です。
  • ネット決済は、全国タクシー加盟会社様の中でも、ネット決済サービスに対応している会社のみご活用いただけます。
  • タクシー車内で提供する領収書は、迎車料金相当額のキャッシュバック前になります。キャッシュバック後に実際にお客様がお支払いになる金額の明細書につきましては、明細書発行画面からご利用いただけます。
    明細書発行ページ
    (お使いの全国タクシーのアカウントでログイン可能です)
  • 本キャンペーンの実施はJapanTaxi株式会社が行なっています

お問い合わせ

本キャンペーンに関するお問い合わせは下記フォームより、「全国タクシーアプリ」を選択の上、ご入力ください。
 お問い合わせフォーム

「全国タクシー」アプリについて

シリーズ累計ダウンロード数450万を超える(2018年4月現在)、国内最大級のタクシー配車アプリです。
47都道府県で活用できるほか、タクシー料金の検索・クレジットカード等の登録による降車時のキャッシュレス・到着前のお支払い機能(JapanTaxi Wallet)・空港定額・外部サービスとの連携、など様々な機能をご提供しています。

「全国タクシー」ネット決済について

あらかじめクレジットカードなど決済方法を登録しておくことで降車時、決済端末処理や伝票へのサインなどの支払い手続きが不要になる機能です。

JapanTaxi株式会社について

ウェブサイトhttps://japantaxi.co.jp/
「IT×交通、モビリティ・イノベーション」をテーマに、タクシーを中心とした交通・モビリティ分野のソフトウェア・ハードウェア開発を行う企業です。「移動」で人を幸せにすることを目指して、ソフトとハードの両面で「タクシーの乗車体験」というユーザエクスペリエンスを徹底的に追求。タクシーの枠組みに留まらず、新しい公共交通のインフラを創って参ります。